本当の年齢以上に年かさに見える原因に、肌のたるみがありますので、たるみ解消のケアは大切です。肌の弾力がなくなると、自重で垂れ下がり、たるむ原因になりますが、弾力の減少はなぜ起きるのでしょう。太陽から降り注ぐ紫外線は、その特徴から、AとBに分類されます。肌の弾力の元となっているコラーゲンやエラスチン等の成分は、紫外線A波が肌の深層に届くと壊れてしまい、もとの性質を失ってしまいます。

肌が老ける理由は色々ありますが、紫外線をシャットアウトできれば、その70%は解決できます。肌がダメージを受ける理由の一つとして、健康に悪い生活習慣が上げられます。早い時間に寝ることで、肌のたるみやしわの原因を取り除き、健康的な肌になることが可能です。ビタミンCやたんぱく質が体内に供給されると、それを原材料にして肌の弾力の元になるエラスチンやコラーゲンがつくられます。肌荒れの原因は、肌細胞をつくるための栄養が供給されていないことがあります。

子供の皮膚はエラスチンやコラーゲンが多く、そのせいでふっくらとしたなめらかな肌をしています。年をとるごとに、コラーゲンやエラスチンがつくられにくくなり、そのせいでお肌のたるみが目立つようになります。自分の肌はどうしてたるんでいるかを十分に理解した上で、適切なケアをすることがポイントです。

乾燥性敏感肌を化粧水で対策する